MENU
Facebook広告の料金目安と予算の設定方法を解説

Facebook広告の料金目安と予算の設定方法を解説

Facebook広告の料金目安がイマイチよく分からない、予算を立てたいが参考になるものがない、という方は本記事を参照してみてください。Facebook広告は種類が豊富なので、料金は広告の目的や期待する効果によっても大きく異なります。Facebook広告での料金目安や予算設定の方法についてご紹介します。

Facebook広告にかかる費用の種類

Facebook広告を出す際に、どのタイミングで課金が生じるかは、事前に選んだ広告の種類によって異なります。Facebook広告では課金方法により、課金される条件は違いますが、いずれも条件が満たされたときにだけ費用が発生する仕組みです。どのような課金方法があるのか、詳しく見ていきましょう。

インプレッション課金とクリック課金の説明

インプレッション課金(CPM配信)

インプレッション課金は、CPM(Cost Per Mille)とも言います。Milleはラテン語に由来し1,000を意味する単語です。ユーザーに対して1,000回広告が表示される(=インプレッション)ごとに料金が発生します。

大半の広告の種類では、こちらの方法で課金されます。

とにかく認知度を高めたい場合や、ユーザーの行動に左右されず一定の費用で広告を打ちたい場合におすすめです。また、後述するクリック課金と違って、同じインプレッション数内であれば何度クリックされても一定額なので、上手く運用できれば費用対効果が高いのもメリットといえるでしょう。

CTR(クリック率:広告の表示回数のうち、ユーザーがクリックした回数)が高い場合、費用を抑えられる可能性があります。また、クリックなしでもユーザーに認知してもらえるメリットがあります。ただし、CTRが低いと単価が非常に高額になってしまうことがあります。

クリック課金(CPC配信)

クリック課金、あるいはCPC(Cost Per Click)と呼ばれる方法は、その名のとおりユーザーが広告をクリックしたときに費用が発生します。相場は1クリックあたり100~200円程度です。どんなユーザー相手だったとしても表示回数が1,000回に到達したら課金されるインプレッション課金と違い、クリックされなければ費用がかからずに済むのがメリットです。サイトに誘導したり、コンバージョンをさせたりしたい場合にクリック課金はおすすめです。

クリック課金では、広告枠ごとにオークションが行われ、広告品質や推定アクション率をもとに、効果が最も高いと判断された広告が表示されます。問い合わせや資料請求には繋がりやすいですが、オークションは広告主の設定した単価にも大きく影響されるため、競合が多い場合には、広告単価が高くなる傾向があります。そのため、人気のキーワードやタイムリーな内容で広告を作成する場合には、注意が必要です。デジタルチェンジでは、基本的にクリック課金からスタートすることをおすすめしていますが、プレゼントキャンペーンなどCTRが高くなることが事前に想定できる場合は、インプレッション課金に切り替えることもあります。

クリック課金では、クリエイティブの質が低く、CTRが低い場合、クリック単価が高くなってしまうというデメリットもあります。

最適化インプレッション課金

最適化インプレッション課金は、Facebookならではのターゲティングの精度を利用し、広告主の目的に合ったユーザーに対して、広告が配信されるようにするものです。課金方法はインプレッション課金と同様です。

最適化の方法は、広告主が選んだ「広告の目的」によって異なります。たとえば動画広告の配信の場合、「ThruPlay」を設定して最適化を行うと、15秒以下の動画の場合は最後まで再生されるように配信を行います。15秒以上の長い動画の場合は、15秒以上動画を見る可能性が高いユーザーを対象とした最適化が行われます。より有効なユーザーに絞って配信を行えるので、高い費用対効果が望めます。

そのほかの課金対象

設定している「広告の目的」により、選択できる課金方法は変化します。目的を「アプリのインストール」にしている場合はそのインストール数、「ページへのいいね!」にしている場合はいいね!数、「動画の再生」にしている場合は10秒以上再生された場合のみの課金です。ちなみに、「動画の再生」に設定していて、広告が10秒以下の動画の場合は、最後まで再生された場合に課金が行われます。

Facebook広告費の設定方法

Facebook広告では、広告費用の上限をあらかじめ設定しておくことができます。知らないうちに予算オーバーしてしまう、ということはないので、安心して利用可能です。

ここでは上限の設定方法について、種類ごとに説明します。

アカウントの上限予算

アカウント全体で使用できる予算の上限を設定する方法です。発生費用が上限に達すると広告の表示が停止されます。

①「支払い設定」の「アカウントの上限予算」から3点ドットのアイコンをクリック
②「上限設定」をクリックして上限予算を設定
③「保存」→「完了」と進む

上限予算に対し、現在消化している金額も確認ができます。上限に達したあと、再度広告を表示したい場合は、上限予算を変更するか、上限予算を削除、もしくは消化した金額をリセットすると、再度広告掲載が可能になります。

キャンペーンの上限予算

キャンペーンの上限予算は、設定した上限予算に達したとき、キャンペーン内の広告セットと掲載が停止します。キャンペーンごとに予算を決められるので、広告目的に応じて、予算の計画が立てられます。

そのためより予算をかけたいエリアやユーザーへの広告セットの上限予算を厚くするなど、詳細な戦略を立てることができます。

入札単価を変更する

入札単価を調整して、予算を設定することも可能です。基本的にはシステムの最適化により、入札価格は調整されますが、手動で変更もできます。ただし、上限単価を決めてしまうと、競合に負けて広告が表示されなくなる可能性もあるので、広告の内容や目的に応じた使い方が必要です。

Facebook広告費の相場

必ずしも単価が高ければ配信されるというわけではありません。ターゲティングにこだわり、広告の品質を高めていくことも重要です。

初めてFacebook広告を出す際には、予算設定に迷うことでしょう。しかしながらFacebook広告は、ほかのWeb広告媒体と比較してみても安価です。
クリック課金(CPC配信)の目安は、1クリックあたり100~200円と紹介しましたが、他社の広告媒体では、1クリックあたり500円以上のところも珍しくありません。なかには1,000円以上としている媒体もあります。

効果も検証できないまま最初から大きな予算をかけてしまうよりも、自分で設定した予算から効果を検証し、費用対効果を見極められるFacebook広告は効率のよい広告媒体と言えるでしょう。

自社で運用する場合には、まず1ヶ月数万円の予算から始めてみることをおすすめします。あまりに予算が低いと効果が出ない可能性があるので、1日1,000円以上を目安としてみてください。

広告代理店に依頼する場合は、実費と手数料で10~数十万円と考えておいたほうがよいでしょう。多くの代理店は、1ヶ月あたりの配信費用+手数料で料金設定をしています。手数料の相場は、配信費用の20%程度が目安です。

デジタルチェンジでも、運用手数料20%を頂いています。クリエイティブは基本的にお客様で用意していただきますが、ご用意できない場合は代行も可能です(3訴求2サイズで5~10万円が目安)。他の代理店では予算の管理を1週間に1回しか見ないところも多いですが、当社では広告の品質を高く保つため、デイリーベースで管理を行っています。FacebookのAPIとツールを使って、前日までのデータを反映でき、予算の進捗管理をクライアント様とも共有している部分がデジタルチェンジの強みです。

まずは上記相場を参照し、一定期間が経ったら費用対効果を検証してみてください。その上で、再度予算を設定するのがおすすめです。

Facebook広告は、配信面がFacebookとInstagram面に絞られるため、獲得効率の差があまり出ないという特徴があります。

月額30万円未満の予算であれば、媒体ごとに配信月を分けて数値検証を行い、予算が月額100万円以上であれば同月内に複数媒体同時に配信を行い、結果を分析して予算の配分を調整することをおすすめしています。

Facebook広告はシミュレーションできる

Facebook広告には多様な広告形式と配信方法、課金方法があります。そのため一概に「利用料金は何円」と言うことはできません。自社で運営するのか、広告代理店に任せるのかによっても費用は異なります。

費用をかけるからには効果を知りたいという場合には、Facebook広告の「広告マネージャ」から実際の利用時と同じように広告の目的やオーディエンスを設定してみてください。

すると、「オーディエンスサイズ」「1日の推定結果(リーチ数、リンクのクリック数)」が数値として表示されます。この数値が想定している効果と異なるようであれば、設定を少しずつ変え、そのたびにシミュレーションを確認するとよいでしょう。あくまでシミュレーションではありますが、広告戦略を立てる上では大きな参考材料となります。

まとめ

Facebook広告は自分で予算が決められ、比較的安価に始められます。効果を見ながら設定を変えたり、予算を変動させたりすることができるので、まずは一定のあいだ少額から始めてみて、その費用対効果を分析してみましょう。

費用はもちろんですが、品質も改善しながら、効果的な予算設定ができるようになれば、大きな広告効果が期待できます。

無料でシミュレーションも利用ができるので、非常に使いやすいサービスとなっています。この機会にぜひFacebook広告の導入を検討されてはいかがでしょうか。

Facebook広告の料金目安と予算の設定方法を解説
最新情報をチェックしよう!
ページトップへ